練習風景

奄美支部 瀬戸内道場 練習風景

本日の、少年部の練習は、緑代表が指導。

基本稽古から移動稽古。

緑代表から、「基本をしっかりやると強くなれる。」と基本稽古の大切さを少年部に伝えていました。

移動稽古では、蹴りをメインにした稽古で、「1mmでも高く蹴る。高く蹴る練習をすることで、試合でも上段が蹴れるようになる。」

そして、蹴りの細かいところまでアドバイスをしていました。

道場生から、小学校の宿題で「月の観察」があるとのことで、練習後みんなで、瀬戸内町古仁屋小学校まで歩いて移動し、月の観察をすることに。

しかし、残念ながら空は曇り空で、観察をすことは出来ませんでしたが、
校庭に「ストグレ魂」の碑があり、緑代表から「ストグレ」の意味を説明していました。

ストグレとは、「なにくそ!負けてたまるか!」という気持ち。

新極真会の奄美支部の信念としても「ストグレ魂」が使われています。

「何事においても負けない。全力を尽くす事が大切。」

最後に記念撮影。

月の観察は出来ませんでしたが、道場生にはいい思い出になったのではないでしょうか。

_MG_0940 _MG_0944 _MG_0948 _MG_0954 

_MG_0955 _MG_0959 _MG_0967 _MG_0969 

_MG_0972 _MG_0973 _MG_0975 _MG_0980 

_MG_0981 _MG_0996 _MG_1000 _MG_1003

_MG_1007 _MG_1011 _MG_1015 _MG_1040

_MG_1043 _MG_1048 _MG_1052 _MG_1081

_MG_1084 _MG_1109 _MG_1120 _MG_1176

_MG_1203 _MG_1212 _MG_1228 _MG_1230

_MG_1309 _MG_1323 _MG_1344 _MG_1349 

_MG_1354 _MG_1365 _MG_1379