News

緑代表 講演会 演題「夢は叶う」


2019年6月23日、瀬戸内町「きゅら島交流館」にて、奄美大島地区商工会中小企業大学講座(主催:鹿児島県商工会連合会、主管:瀬戸内町商工会)が開催され、その中でき基調講演として、緑代表が講演を行いました。

演題は「夢は叶う」として、緑代表の生い立ちから現在に至るまでの半生を商工会方々へ話されました。

講演のはじめには、緑代表の現役時代の試合の様子などを納めたDVDが上映されました。

講演内容のお話も、空手に興味を持った小学生時代の話から、奄美大島を離れ上京した時の話、大山総帥との話、世界チャンピョンになった話。

そして、講演終盤にリーダーとして以下の3つが大切だと話されました。

1、リーダーとして限界を作らない。
いつもチャレンジ精神を忘れない。

2、行動での説得力。
口先だけでなく自ら動き背中で皆を引っ張っていく。

3、華がなければいけない。
いつもポジティブに、前向きに、明るく振る舞う。

最後に、商工会各地域で活躍して街を盛り上げて欲しいと激励をおくり講演会を締めくくりました。